猫又

            尾が二つに分かれた猫の妖怪。人の言葉を
            話し、時に人間にも変身する。日本の民間
            伝承、古典に登場する頻度はかなり高い。

            十年以上生きた猫が妖力を得て猫又になる
            というのが通説。妖怪絵巻が多く描かれた
            江戸時代においてメジャーな題材であり、

            着物を着た猫又が三味線を悲しそうに弾く
            (当時は三味線に猫の皮が使われていた)
            絵など、ユニークな作品が制作された。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください