ベルゼブブ

            言わずと知れたメジャーな大悪魔。ハエの
            姿という悪魔の中でも珍しい虫型である。
            元々はカナン(イスラエル)の嵐と豊穣を
            司る神
バアル・ぜブルであったがこの地に
            ヘブライ人が渡来した際に邪神とされて、
            名前をバアル・ゼブブ(ハエの王)という
            蔑称をつけられヘブライ人の神ヤハウェの
            敵対者と位置付けられた。七つの大罪では

            暴食を象徴する存在。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください